完成図書・電子納品・総合複写/印刷・データベース作成支援

KEYO サイトマップ 
会社概要 経営理念 業務内容 案内図 お問い合わせ 採用情報 リンク


データ入出力

三次元赤外線構造物診断

所有者・管理者に「定期報告」が義務化

平成20年4月1日から建築基準法第12条に基づく定期報告制度が改定され、所有者・管理者は竣工・改修・全面点検から10年経過後は定期的に特定行政庁に@特殊建築物等、A昇降機、B遊戯施設、C建築設備等の調査・検査の結果を報告しなければならなく、外装材にあっては3年内の落下の可能性が無いと判断された場合を除きとあり、事故責任を考えると、第三者被害の予想される外装材は年1回程度の点検が必要と考えられます。時間がかかり足場等の仮設を要し高価な打診調査に対し、安全・安価・迅速で、過去のデータ蓄積が可能な三次元赤外線調査を提案します。

「三次元赤外線外壁診断」とは

デジタルカメラで撮影した可視画像を数値化(ベクトルデータ)したものを、データベースとして、外壁(タイル、モルタル等)の温度上昇時と下降時の2時刻2撮影の熱赤外線画像の差画像より、浮き・剥離・密着不良部等を解析判定し、劣化部を抽出した画像を可視画像に合成する診断方法である。

「三次元赤外線外壁診断」のメリットは
  • 画像から平立面図の図化のほか鳥瞰図もできる
  • 平立面に劣化部を表示し、精度のある距離、面積が算出できる
  • 画像、図面、診断図の全てを数値データで保存できる
  • 保存データに新データを重ね、経年変化を確認できる